主婦お金借りるが初めての人に教えてあげたい3つのこと|速報キャッシングニュースQL

  1. >
  2. 返済は計画的に。

返済は計画的に。

最初の借り入れは、義父の葬式に必要で借りました。月々決められた額を何十回で返していけばよかったのですが、借り入れしていることが不安で不安で、月々返せる額だけ、できるだけ多く返していき、1年で返すことが出来ました。2回目の借り入れは2人目の妊娠をきっかけに収入がなくなるので一気に借りて足りない分を補ってました。これは今でも返済中です。返済が長くなればなるほど借りた額よりも沢山支払わなきゃいけなくなるので

なるべく早く返せるように返せる額だけ返していくという方式を取っています。本当に計画的に返していかないと損をします。むやみに借りたりしたら大変なことになるというのをいつも自分に言い聞かせてプレッシャーをかけて気をつけています。

買い物依存とカードローン

自分自身の体験ではないですが、友人が利用して居ました。仕事が忙しくストレスが溜まるーとよく愚痴をこぼして居たので心配して居ましたが、そのはけ口が買い物に向いて居たそうです。一時期は銀行のカードローンを利用して、休日の度に大きい買い物をして居たそうで、ボーナスの時期になると返済の他、税金の支払いなどで頭が痛いと良く嘆いて居ました。現在は転職して、収入は少し目減りしたそうですが、環境も良く、買い物依存気味だったのが嘘のようになりました。ローンの支払いはまだ続けているそうですが、生活に困っている様子はなく安心しています。

自己責任の借金

借りるのは簡単で毎月の返済額も無理なくプランをしているつもりが、いつの間にか気が緩んでしまい、どんどん借り入れが増えるとなかなか返済できなくなると思います。

借金しているとゆう感覚が麻痺してしまうものだと思います。

しかし思わぬ出費や病気ケガ等で本当に困ってる時には安易に貸してもらえるのは周りにも迷惑をかけないのでありがたいとも思います。

要は借りた人の責任ではあると思うけどまだ社会人になったばかりの人や責任感のない人は安易に借りて結局は周りに迷惑かけてしまう事になる人たちもたくさんいるのではないかと思います。

ページのトップへ戻る